地域活動

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 坂神 有衣子
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 私は、初めて東北に行きました。

 東日本大震災があった直後は、毎日テレビで津波の様子を放映されていました。その光景には、家や建物は全てと言っていいほど流されてしまって、衝撃を受けたのを覚えています。8年経った今、テレビで見た場所を見に行ったけど、前のような住宅の様子は全く見られませんでした。今でもトラックがいっぱいいて工事をしていました。その時、復興はしてきたもののまだまだかかるんだなあと思いました。

 4日間ホームステイをさせてもらいました。清水団地のみなさんはとてもあたたかく沢山のことを話してくれました。当時の津波の様子を教えて頂き、私たちでは想像もできなかった程辛いものでした。清水団地のみなさんはいつも笑顔でした。笑顔で助け合っている様子がとても印象的でした。

 名古屋名物の味噌煮込みうどんと天むすを一緒に作って"おいしい!楽しかった!"と言って頂いたときはとても嬉しかったです。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 彦坂 実里
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 思っていたよりも計画や準備に時間がかかり大変だと感じたこともありましたが、時間をかけた分当日スムーズに進行できることがわかったし、たくさん意見が出し合えたことが良かったと思っています。

 当日は団地の人とうまくコミュニケーションをとれるか不安に思っていましたが、みなさん優しく、いろんな方と交流できました。チラシを配りに行ったときに「楽しみにしてるよ」と声をかけてもらったり、イベントで楽しそうにしてもらえたことが嬉しかったです。特にうどんと天むす作りは試作から時間をかけて頑張って作ったものだったので、おいしいと言ってもらえたときはとても達成感がありました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 佐々 由紀野
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 自分たちが企画したイベントに多くの方が参加してくださって、嬉しかったです。

清水団地のみなさんが優しく迎え入れてくれたので私にとって「南三陸町」という町は第二のふるさとのような存在となりました。うどんや天むすは家で作ってみたいからレシピを教えてほしいと言ってくださった人もいました。

 初めて参加したSLが東北ボランティアで良かったです。

 行きの仙台駅から南三陸までの高速バス乗り場の場所がわかりにくかったです。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 亀井 千夏
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 自分たちで考えた活動が上手くできるだろうかという不安はあったけれど、清水団地の方はとても明るい人たちばかりで、温かく迎え入れてくださり、楽しそうに参加してくださったので、色々と準備してきて良かったと思った。

 私のイメージでは東北の方は薄味が好みだと思っていたが、漬物とかも食べるので塩分を取りすぎる傾向があるということを知った。だから塩分を制限する料理も紹介されていたり、私が大学に入って知った「3・1・2弁当法」についても清水団地の中で知っている人がいて、健康意識が高いと思った。

 震災当時の話も聞いたが、8年経った今では津波が来た感覚のようなものを思い出せずに生活しているということを知って驚いた。恐ろしい事実はずっと心にあるのだろうかと思っていたけれど、良い意味でも悪い意味でも"時"が忘れさせるんだと思った。

[ 学部・学科 ]
松田 悠 管理栄養学部 管理栄養学科
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 このSLでは、はじめにSL先の震災での被害や現状などを自分で調べて、自分たちに何が出来るのかをよく考えた。イベントはそれらのことを踏まえて1からアイデアを出し合った。そうやってメンバーや先生たちと丁寧に時間をかけて行うので、とても充実した時間になり、良いSL内容になったので良かったと思う。

 震災から8年が経ち、町は大きく変わっていた。土地の嵩上や新しい道など、現状を自分の目で見てくることができてよかった。そして、被災者の方に当時のことを細かく教わった。とても貴重な経験になった。

 南三陸町の方々は皆さんとても温かく迎えてくださり、イベントにも多くの方が参加してくださった。ただ、いつもは外に出る機会が無く、家に閉じこもりがちなお年寄りの方も多くいることを知った。私はこの団地の人たちのつながりを皆さんがもっと感じられるようなお手伝いができていれば良いと思う。