地域活動

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 神田 未夢
[ 日程 ]
2019年2月15日~3月17日
[ 内容 ]
復興・創生インターン
[ SLを行っての感想 ]

 楽しいこと、感動したこと、来て良かったと思うことはもちろん沢山ありました。来なければ一生経験できなかったことや会えない人たちに会えて本当に素晴らしい一ヵ月でした名古屋や長野にいるだけでは知らなかった八戸や洋野町の良さを知れて良かったです。

 しかし、辛いこと・苦しいこともありました。期待に応えられる自信がなくて、逃げたくもなりました。しかし、気合と周りの方々の応援のおかげで乗り越えられたことはこれからの自信になりました。

 管理栄養士の方、栄養教諭の方、「食」の世界をひきつれている方々を間近で見て、もっと勉強して知識を身につけたい!というやる気が出ました。

 本当に人生の宝となる一ヵ月でした。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 鈴木 奏美
[ 日程 ]
2019年2月13日~3月15日
[ 内容 ]
復興・創生インターン
[ SLを行っての感想 ]

 はじめての土地で、はじめて会う人とプロジェクトを行うことはとても不安でした。

 また、自分たちで企業の課題をどう解決していくかを考えることはとても難しかったです。しかし、今回の経験で、様々な視点から考える力がついた気がします。様々な地域、様々な学部の学生と意見を交流する場面も多くあり、1つの視点だけでなく、いろんな案が出てきてたくさん学べました。

 積極的に行動することも少しはできるようになったと思います。町の人に聞き込みすることは、はじめ声をかけるのをためらっていましたが、ヒアリングしなければいけないという状態に追い込まれ、20人近くの人に聞くことができました。また、自分の意見も相手に伝えることができたと思います。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 後藤 あずさ
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 初めてのサービスラーニングで、初めての東北だったけれど、人の温かさを感じた体験だった。

 事前に何回も学校に来て、イベントの内容などを決めることは大変だったけれど、だからこそ達成感が大きかったように思う。

 健康チェックイベントでは、実習で学んだことをわかりやすく伝えることは難しく、しっかりと理解していないとサービスラーニングはできないのだと感じた。みんなでご飯を作って、みんなで食べることで温かい気持ちになったし、多くの人と会話をすることができたので良かった。

 初めて会う人と初めて会う人の家で生活することはとても不安だったけれど、とても良い経験になった。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 竹内 祐利香
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 自分が実際に被災地に足を運んで災害の大きさ、被害の影響、体験談を聞いたり、被災地の現状を知れてとても貴重な体験だった。8年経って私のイメージしていた風景とは違っていて、復興してきているんだなと感じた。しかし、土地の利用法など問題が色々あると知った。

 自分が実際に行って被災地の方の声を直接聞いて、様々なことを学ばせていただいた。そして、もっと自分が被災地の方の力になりたいと強く思い、コミュニティ作りのお手伝いになれるよう全力で取り組んだ。たくさんの方にイベントに参加していただけて良かった。このイベントが今回の1回きりで終わることのないよう、団地の方々に継続的に実施していただいて、コミュニティづくりがさらにできるようにしてもらえたらうれしいと思った。

 自分にとってとても大きな刺激をもらえた。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 森岡 莉子
[ 日程 ]
2019年2月22日~3月25日
[ 内容 ]
第3回学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 愛知県でもニュース番組で東日本大震災の特集をやったりしているけど、実際に現地に足を運んで自分の目で見てみないと分からないことが、たくさんあると思いました。

 ホームステイ先の方と一緒に日の出を見に行きました。その時に「この海のあの島が隠れるほど津波がきたんだよ。」と実際に海を見ながらお話をしてくれました。すごくきれいだった日の出と対照的に海は恐ろしいということも知りました。

 コミュニティづくりとして、うどん打ちや島のブルースを一緒に楽しく過ごせたことは本当に最高の思い出になりました。4日間、清水団地のみなさんと過ごせて心が温まりました。