地域活動

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・養護教諭コース  緒方 希彩
[ 日程 ]
2019年7月6日
[ 内容 ]
にっしんわいわいフェスティバル
[ SLを行っての感想 ]

 今回は、まず防災袋づくりの準備をしたことで、防災についての知識が増えたと思います。

 カードに防災袋に入れる物を書いて、それを1つずつ「なぜ持っていく必要があるのか。」と考えて、体験してくださる方に説明できるように準備しました。ラップやホイッスルだけでなく、持って行って当たり前だと思っていたお金も、お札でたくさんのお金を持って行くのではなく、500円玉や10円玉で持って行く必要があることなど、たくさんのことを知ることができました。

 当日、会場で実際に子どもとふれ合ったときは、予想以上にたくさんの子が来てくれて、折り紙を折るスペースやペンが足りなかったという課題はありましたが、私自身も体験してくれた子も楽しくコミュニケーションをとりながらできました。

 他の団体の方とも交流ができて、とても良い経験ができた一日でした。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 三浦 栞莉
[ 日程 ]
2019年6月8日
[ 内容 ]
南小学校区防災訓練のボランティアに参加しませんか?
[ SLを行っての感想 ]

 今回、私は主にα化米の炊き出しに参加させていただきました。材料が入っていた段ボールそのままで調理をすることができ、もし本当に地震が起こってしまったときにもすぐに、何も準備しなくても使うことが出来るため、安心だと思いました。

 初めは乾燥しきってしまっていたお米を美味しく食べることなどできないだろうと思っていましたが、今回の炊き出しで、初めて食べ、普通のご飯と遜色なく食べられることを知りました。

東海地方は長い間ずっと南海トラフ地震がくると言われています。今回学んだことを咄嗟の時に実践できるよう、今後も防災について少し考えていきたいと思います。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 長谷川 琴音
[ 日程 ]
2019年6月8日
[ 内容 ]
南小学校区防災訓練のボランティアに参加しませんか?
[ SLを行っての感想 ]

 今回の防災訓練のボランティアで、私はアルファ化米の炊き出しのお手伝いと骨折手当、煙体験ハウスの見学をさせていただきました。

アルファ化米はお湯を入れてかきまぜておいておくだけでできるのにとてもおいしかったです。また、煙体験ハウスでは隣にいるはずの友達の姿も見えず、火災時は見慣れた場所にいてもとても不安になるということがわかりました。今回のボランティアに参加したことで、今まで実際に災害が起こった時、避難所などで自分はどうしたらいいのか、何も手伝うことができるのかということをあまりちゃんと考えたことがないことに気付きました。

今回はそれを考えてみるきっかけとなり、自分にもできることがあるという自信を少しですがつけることができたのでとてもよい経験になりました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科
[ 日程 ]
2019年6月7日
[ 内容 ]
復興・創生インターン説明会
[ SLを行っての感想 ]

復興と言っても、こっちからはお金などしか手助けできないと思っていたけど、実際は違うとわかった。企業さんと協力して、新商品を作ったり、おいしさを伝えることが私達にもできるのだと思った。

インターンに行くかはまだ決めていないが、前向きに考えて、4年間の大学生活で生かしていければと思っている。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科
[ 日程 ]
2019年6月7日
[ 内容 ]
復興・創生インターン説明会
[ SLを行っての感想 ]

経験した先輩方の話を聴いて、実際に自分も参加してみたいと思いました。一番このインターンに惹かれた理由は、インターンを終えた後、見る視点が変わるということです。1年生の早いうちから、勉強の意欲を高めておくことで、4年間の大学生活をより良いものにできると感じました。

また、様々なところから集まってくる大学生と出会うことで、様々な考えに触れて、刺激を受けたいと思いました。