地域活動

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 野島 さくら
[ 日程 ]
2018.3.8~12
[ 内容 ]
学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 今回お世話になった清水団地の状況がわからなかったため、イベントを企画するのが大変でした。しかし、どのようなものが良いかたくさんの案を出し良いイベントが実施できたのではないかと思いました。

ホームステイ先の家の方々には、震災の時の話などたくさんの話を聞きました。私は、話を聞いてこの地域に震災が来た時の対応について考えさせられました。また、普段は食べられない海のものをたくさん食べることができてとても楽しかったです。

イベントでは、うまくいくか不安だったのですが楽しんでくれている人が多かったので良かったです。イベントの中に島のブルースという踊りを踊りました。見て下さった方も楽しんでくれており、とても楽しく踊ることができました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 佐藤 理恵子
[ 日程 ]
2018.3.8~12
[ 内容 ]
学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 今回は2回目だったのですが、やはり清水団地の方々は温かく優しい人ばかりだと改めて分かりました。前回よりも多くの方々と話すことができ、楽しく充実した5日間を過ごすことができました。

イベントは私が思っていたよりも多くの人が参加して下さりとても盛り上がりとても嬉しかったです。ウォークラリ―、おもちつきとイベントを行いましたが、その中でも一番盛り上がったのが島のブルースで驚きました。なので今後この活動を続けていくにあたって島のブルースを踊ることは続けて欲しいです。今回はあまり衣装を作る時間がなく、首飾りのみだったので服とかもあったらもっと盛り上がると思いました。困ったことはあまりなかったですが、行きのバスであまり寝れなかったので、首のクッションとかを持って行った方がいいかなと思います。

 ホームステイ先では前よりも甘えてリラックスしていました。イベントでは団地のお母さま方がたくさん手伝ってくれました。お母さま方もイベントがあるのはやっぱり嬉しいと言ってくれたので、今回のイベントに参加できて本当に良かったです。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 三浦 愛里
[ 日程 ]
2018.3.8~12
[ 内容 ]
学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 清水団地のコミュニティづくりのボランティアに参加することで、人の温かさに触れることができた。昔からの地域コミュニティならではの体験ができた。

ホームステイをさせていただいたことで、家の方とゆっくりお話しする時間があり、東北の震災以後の話まで聞くことができた。

最後には団地の方々と楽しく踊りを教え合い、よい時間を過ごすことができた。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 大山 揚実
[ 日程 ]
2018.3.8~12
[ 内容 ]
学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

 普段テレビやメディアで東北の震災については目にしていたが実際に行ってみると思っていたよりもまだ復興の途中段階なのだと知った。周りは工事をしているところがほとんどで道路や駅も少ない。訪れた団地のみなさんはとても明るく、優しい人ばかりだった。

 泊まった家の方は、海の仕事をされていて夕食でも今までに食べたことのないものや、名古屋市では食べられないものを食べさせてもらった。団地の人たちはとても明るかったが、テレビなどで震災のことがうつされると、思い出したくないのか、チャンネルを変えていた。今だに心の復興は完全なものではないのだろうと感じた。

 被災地の視察では、大川小学校や門脇小学校を訪れ、津波の恐ろしさを痛感した。

南三陸町を訪れて、今までに知らなかったことを見て体験できたこと、今あるあたり前に感謝の気持ちがさらに深まって良かったと思う。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 佐藤 彩乃
[ 日程 ]
2018.3.8~12
[ 内容 ]
学べる被災地での地域コミュニティづくり
[ SLを行っての感想 ]

・ホームステイができて良かった。出かける前は一番の不安要素でしたが、食事をしたり片付けをして一緒に過ごす内に自然と会話をすることが出来るようになり嬉しかった。毎食、海藻やお魚で食生活を知ることができて勉強になった。すべての海鮮が肉厚で歯ごたえがあり美味しかった。

・餅つきで調理を担当したのですが、美味しいと喜んでもらったのが本当に嬉しく感じた。また、お餅を丸めたり、ついたりするのは私達よりステイ先の方々のほうが上手く、教えていただき交流ができたことが良かった。最後にレシピが欲しいと言ってもらえたことも励みになった。この活動をしてきて、自分がなにか東北に残せたなと思った。

・自分の目で実際に見てまわる被災地は、テレビなどで見るのとは全く違いました。怖さに少し触れることができたかなと思いました。また、見に来ていた現地の方と話すこともできた。