安全防災

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 廣瀬 文香
[ 日程 ]
7月5日
[ 内容 ]
赤十字健康生活支援法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

高齢者支援技術では、授業で習った部分が含まれていたため、授業の復習も兼ねながら行うことができた。高齢になると筋力の低下などにより、立ち上がりなどの日常的動作も困難となってくるので、私たちが少しお手伝いをして動作しやすくすることが大切であると思った。また、風呂敷で作るリュックサックやホットタオル、毛布を使ったガウンなど、私たちの身近にある物を用いて便利グッズを作ることができるとは知らなかった。実際に災害が起きた時に活用できるので今回の講習会で学ぶことができて良かった。

災害時には精神的ストレスもかかると思うので、最後に学んだリラクゼーションも大切だなと感じた。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻・養護教諭コース 菊池 真名
[ 日程 ]
7月5日
[ 内容 ]
赤十字健康生活支援法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 普段使わない風呂敷を使い、それがリュックになったり、結び目を変えてバッグにしたりできることに一番驚きを感じました。どんな使い方をするべきかわからない風呂敷をここまで十分に使えることに風呂敷の便利さも知ることができました。また、私が一番心に残ったのは支給された毛布を使いながら手をあけてはおる、はおり方に少しの感動を感じました。これは災害時でなくても寒い冬の日にも使えて、それも簡単にできることから普段の生活でも取り入れることができるのではないかと思いました。他にもホットタオルや足湯もやろうと思えば簡単にできるものばかりで実践してみようと思えるものばかりでした。教えてもらったことを忘れずにいざという時に使っていきたいです。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 梅田 奈実
[ 日程 ]
6月27日
[ 内容 ]
赤十字救急法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 今回の講習は大学の授業で学習したばかりだったので、内容を再確認できる良い機会となりました。私の中では全て理解しているつもりでしたが、いざ実施してみると、胸骨圧迫では姿勢が正しい姿勢とは異なっていて、正しい姿勢で行った方が手首や腰への負担が少なく正確に出来る事が分かりました。AEDでは、使用時の注意点なども教えて頂き、とても勉強になりました。また、一連の流れを一人一回ではなく、何度も繰り返し行ったので、体で覚えることができました。その他にも、ものをのどに詰まらせた時の対処法も詳しく教えて頂きました。

 まだ、実際に胸骨圧迫やAEDを使う現場に立ち会ったことは無いけれど、もし立ち会った時には、今回学んだ事を生かして進んで、きちんと手当てや助けができるようにしたいと思いました。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻・養護教諭コース 岩野 瑞生
[ 日程 ]
7月5日
[ 内容 ]
赤十字健康生活支援法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

風呂敷を結んでリュックにしたり、高齢者の手助けなどを学んだ。災害時じゃなくても使えそうなことが多く、とても勉強になった。

災害の時に配給される毛布で作ったガウンは、手も自由に使えるし、腰のまわりが二重になっているのでとてもあたたかかった。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部 子どもケア学科 子どもケア専攻 養護教諭コース 木戸脇 里穂
[ 日程 ]
7月5日
[ 内容 ]
赤十字健康生活支援法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 自分は椅子から立ち上がる行為や、寝ている状態から起き上がるのも簡単にできるが、それは腹筋を使えないと難しく、普段は無意識に使っているから、高齢者にはきつい動きだということに気付けない。だから、足を少し中に入れて立つ、手を引くときは少し下げるように、手をかけるものがあるだけで立つのは楽になるなど、具体的な手助けを知れたことが良かった。また、膝をかす時の自分の身体の向き等、少しの工夫で介護をする時の効果も上がることが分かって、今後、高齢者と接する時の対応を変えることが出来る。

 毛布で作ったガウンは、知らなかったら私は毛布にくるまるだけで体を温めようとするが、腰の部分を三重にする、手を出しても体を冷やさない等工夫できることが分かった。特に高齢者は腰を温めると良いということ、ビニール袋を使った足湯ではくるぶしあたりを温めると良いこと、災害時に物資が限られた中で最大限の事を行うためには、このような知識も大切だと実感できた。