安全防災

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・養護教諭コース 足立 知奈津
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 大学での授業で学ぶ前に応急処置について予習することができました。初日は基礎を教本を使ってAEDや心肺蘇生を学科と実技ともに学ぶことができました。2日目や3日目は赤十字救急法の学科や実技を学びました。何度も指導の先生にアドバイスをしてもらいながら、バディの子と練習をしました。一通り学んだところで実際の災害を想定しての実践演習をしました。いざ行動に移すと、優先順位を間違えてしまったり、無駄な作業をしていたりと、失敗ばかりだった。反省点としては、一人でも多く救う事をグループでもっと理解していたら、個々に行動し一人でも多く声をかけをするなどし、不安を取り除くということもできたはずでした。しかし、この経験は実践を通して自分のできない所を再確認できたので良かったと思います。

 これから応急処置の必要な場面に出会うことがあれば、この経験を生かしたいと思う。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 成瀬 祐華
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 今回の講習では、自分の周りで災害が起きたときにどのような処置をしたらよいのかを学ぶことができました。自分が知ってそうで知らないことばかりでした。AEDの使い方やケガの手当の仕方などきちんとした方法を教えてもらいました。実際に傷病者がいると仮定してやってみるとすばやく判断することができずに焦ってしまいました。何を優先するべきか、傷病者の気持ちを和らげることの大切さを学ぶことが出来ました。

 今回学んだことはしっかりと覚えておいて、何かあった時に正しく行えるようにしておきたいです。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 深見 梨香
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 3日間、朝から夕方までということで、途中とても大変だと思ったけれど、終わってみるとやって良かったと思いました。

 一次救命処置やケガの手当など、初めてやることばかりで覚えるのが大変でした。そういう現場に出くわしたとき、(本当はないのが理想)自分から勇気をもつことがとても大事なことだと学びました。地震が起きたと想定して実際にグループで搬送や手当などをしたとき、優先順位を考えたり、いかに手際よく進めていくか、また傷病者の心のケアを考えてやるなど、とても難しかったです。

 今回学んだことを忘れないようにして、この講習に出て学んだと自信を持ち、生かしていきたいです。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 鈴木 里奈
[ 日程 ]
6月27日
[ 内容 ]
赤十字救急法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 日本赤十字の指導員の方から心肺蘇生法やAED、気道異物除去などの救命処置について学んだ。

 心肺蘇生法やAEDの使い方は今までにも授業等で何度か講習を受けていたが、今回指導員の方が方法を一人一人丁寧に教えてくださり、適切な方法を改めて学ぶことができた。実際に心肺蘇生やAEDを使用する場面に出会うと慌ててしまうと思うので、今回学んだことを復習して定期的に思い出して、落ち着いてできるようにしたい。また、赤十字の講習では幼児の事故や高齢者の介護に対する講習があることを知ったので、それらにも参加していきたい。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 神村 美帆 
[ 日程 ]
6月27日
[ 内容 ]
赤十字救急法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 一次救命処置は前期の授業でやっていたので、記憶が新しく復習している感覚だった。ただ、"こうした方がやりやすいかもといったアドバイスを頂けたので技術的に少しは工場できたのではないかと思った。救命処置が必要な場面に出くわした時に自分がきちんと動けるよう心構えが大切であることを学んだ。