安全防災

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻・養護教諭コース 山中 茜
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 基礎講習で、中学でも高校でも自動車学校でも学んだ一次救命処置でしたが、いつも自分で考えるのではなく適当にしていた。それぞれの行動の意味・目的を学んだら実際の場面を考えながらできました。包帯法もエデ(部活)で以前に少し触れていたので包帯の結び方とか三角巾からの折り方はできました。怪我の部位によって4つ折だったり8つ折だったりするので、覚えるのが大変でしが、三角巾一枚でここまでできるとは知らなくてすごいと思いました。足首の固定をすると本当に楽だと感じました。そして、いつも、黒の赤十字ポーチを持ち歩いて怪我している人がいたら病院に行くまでの処置をきちんとできると思いました。

 始まる前は3日も長いし朝早いし行くのもめんどうなと思ってたけど行ってみると想像よりはるかに楽しくて一日がすぐに過ぎていきました。学科で検定のために必死で勉強したことは、将来の仕事にも役立つし、必要な知識だったので、その結果3日間はとてもいい経験になったと思います。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻・養護教諭コース 本田 いづみ
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 1日目は、一次救命処置の実技や学科を勉強しました。AEDの使い方を学ぶことができて良かったと思ったけど、実際に使うのはすごく勇気のいることだなと感じました。心肺蘇生は、思っているより難しく、体力もいるので大変でした。

 2日目、3日目は、傷の手当の仕方や搬送などの実技を行いました。体の各部位によって包帯の巻き方が違うので覚えることが難しかったです。そして、患者さんの気持ちも考え、手当を早くするということの難しさが分かりました。実際に災害が起きたと想定して、自分たちだけで救助の練習をしてみると、焦ってしまい手当を間違えたり、優先順位を誤ってしまったり、患者さんへの配慮が足らなかったりと、多くの課題が残りました。

 今回学んだことをこれからの人生に生かしていきたいと思いました。3日間いい経験ができました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 青山 侑未
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 知らなかったことを沢山知ることができて本当に良かったと思った。なにより、3日間をやり切った後の達成感がなんともいえず、受講して良かったと思えた。

 今まで心肺蘇生法は学んだことがあったが、体勢の変え方や、三角巾を使った手当のやり方は学んだことがなく、とてもためになった。初めは力の入れ方や、止血点が全然見つけることができず、とても苦労した。三角巾を使った手当も三角巾の引っ張る力が弱くすぐにずれてしまっていて、大変だった。だが、最終日の試験の後には練習のかいがあってか、しっかり止血もできて、三角巾もきれいにできたので本当にうれしかった。

 夏休みの最終日に貴重な体験ができて良かった。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 米村 彩香
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 今までにも心肺蘇生法を学んだこともあったが、それに加えて止血法がとても身になったと感じた。自動車学校での心肺蘇生法はしたが、止血のやり方は教わらなかった。だからとても良かった。人数が少ないので分からないところがあればすぐ聞ける上に、丁寧に教えてもらえたのでしっかり覚えることができました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 杉浦 稜子
[ 日程 ]
9月13日~15日
[ 内容 ]
赤十字救急法救急員養成講習会
[ SLを行っての感想 ]

 話を聞くだけでは身に付けられない技術を実際に行うことで身に付けることができました。短期間での講習だったため、その日に行った実習を家で家族と練習してきて、と言われたけど、一人暮らしのため誰かとその日の復習をすることはできず、困りました。そのため、朝早く学校に行こうとしても学校が空いておらず、短い期間、時間の中で身に付けるのはとても難しかったです。しかし、何度も丁寧に教えて頂き、とても助かり、力をつけていくことができました。