安全防災

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部 子どもケア学科 子どもケア専攻 養護教諭コース 木戸脇 里穂
[ 日程 ]
7月5日
[ 内容 ]
赤十字健康生活支援法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 自分は椅子から立ち上がる行為や、寝ている状態から起き上がるのも簡単にできるが、それは腹筋を使えないと難しく、普段は無意識に使っているから、高齢者にはきつい動きだということに気付けない。だから、足を少し中に入れて立つ、手を引くときは少し下げるように、手をかけるものがあるだけで立つのは楽になるなど、具体的な手助けを知れたことが良かった。また、膝をかす時の自分の身体の向き等、少しの工夫で介護をする時の効果も上がることが分かって、今後、高齢者と接する時の対応を変えることが出来る。

 毛布で作ったガウンは、知らなかったら私は毛布にくるまるだけで体を温めようとするが、腰の部分を三重にする、手を出しても体を冷やさない等工夫できることが分かった。特に高齢者は腰を温めると良いということ、ビニール袋を使った足湯ではくるぶしあたりを温めると良いこと、災害時に物資が限られた中で最大限の事を行うためには、このような知識も大切だと実感できた。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻・養護教諭コース 足立 知奈津
[ 日程 ]
7月5日
[ 内容 ]
赤十字健康生活支援法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 高齢者の気持ちになって、筋肉をできるだけ使わない起き方や立ち上がり方を考えることは難しかった。介護時これをさっとやれば、高齢者は喜ぶと思った。

また風呂敷は様々な用途に使うことができるとは知っていたが、被災地などでの貴重品入れなどのリュックを作ることができた。普段使わないけれど、たった風呂敷二枚で完成しかさばらないため、防災バックなどに入れておくと万能だと思った。タオルや手を使ってのリラクゼーションも学んだが、いつでも誰でもできるので良かった。冊子もあり復習可能で良かった。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科
[ 日程 ]
6月27日
[ 内容 ]
赤十字救急法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 以前、学外で救急法の講習を受けたことがあるが忘れてしまっていることが多かったので、再度学習したことでより身に付いたと思う。

 心臓マッサージでは、適切な心臓の位置を学ぶことができた。位置を誤ると肋骨を骨折してしまうので気を付けたいと思った。人工呼吸では、1回に吹き込む空気の量や秒数を学ぶことができた。空気の入れ過ぎは胃に送り込まれた食べ物が逆流してしまう恐れがあるということを知らなかった。また、気道確保をしっかりすることも大切であると学んだ。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 髙橋 萌
[ 日程 ]
7月5日
[ 内容 ]
赤十字健康生活支援法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 高齢者の方がどのような姿勢になれば立ち上がりやすいのか、またどのタイミングで手伝えばよいのかを学び、2人組になって実際に補助の仕方を体験したので、ボランティア先で実践したいと思いました。

 また、風呂敷を使ってリュックサックが作れることや、毛布を使ってガウンが作れるとは知らず、驚きました。どちらも簡単にできて使い勝手もいいので、避難所での生活にとても役立つし、このような知識を持っている人が一人でもいれば、避難所での生活の辛さを少しでも緩和できると思いました。さらに、ホットタオルを用いることで衛生面だけでなく、リラックス効果もあることや、リラクゼーションを通してスキンシップやコミュニケーションをとれば、心の安らぎが生まれるのだと知り、ボランティアは被災者や高齢者の心の支えにもなっているのだと感じました。今後SLを行うときには人とのつながりを大切にしたいです。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 上野 みさき
[ 日程 ]
6月27日
[ 内容 ]
赤十字救急法短期講習会
[ SLを行っての感想 ]

 授業で行ったことがあったため復習をかねて新たな知識も増え、とても勉強になった。心肺蘇生法が苦手で授業でやったときも浅く上手くできなかった。今回、体の位置、体重のかけ方についてアドバイスをもらい、コツが分かった気がした。私は力がない方だと思っているため自分の体重を利用しながらやっていきたい。