文化交流

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻・養護教諭コース 浅井 菜乃子
[ 日程 ]
3/12~13
[ 内容 ]
マラソンフェスティバル
[ SLを行っての感想 ]

 始めてのボランティアだったので、不安が少しありましたが、初心者のための説明会があり、そこでボランティアをする上で大切なことや心構えなどを教えて頂き、不安が解消されました。当日は、ランナー受付と更衣室の誘導・整列を担当したのですが、どちらも始める前の仕事内容の説明があまりなく作業を行いながらの内容把握だったため、初めのうちはぎこちなくなってしまったように思います。慣れてからは、ランナーのみなさんに激励の言葉を送ったりしながら、楽しんで作業を行うことができました。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部子どもケア学科子どもケア専攻養護教諭コース 大槻 葵
[ 日程 ]
3/12~13
[ 内容 ]
マラソンフェスティバル
[ SLを行っての感想 ]

 ナゴヤドームでマラソンフェスティバル前日のランナー受付を行いました。出場者が多いため、絶えずランナーが来て終始あわただしかったです。8~10人で決められたグループになって活動しましたが、私のグループには主婦やサラリーマン、40~60代の方が多く、幅広い年代の人たちと関わることができました。活動の途中で何回も話し合いをして、どうしたらランナーがスムーズに受付できるか考えて実行して、の繰り返しで、とても有意義な時間になりました。

 臨時でグループリーダーを任されましたが、周りの人たちにサポートして頂きやりきれてうれしかったです。マラソンフェスティバルの雰囲気がキラキラしていて素敵でした。

[ 学部・学科 ]
メディア造形学部・映像メディア学科 神山 莉沙
[ 日程 ]
12月5日
[ 内容 ]
にっしん市民活動祭実行委員会
[ SLを行っての感想 ]

 私たちは主催者側の方との打ち合わせや会場下見などを経て、当日は撮影6名とメモリアルムービー編集2名の計8名で務めさせて頂きました。

 私は主にオープニングセレモニーと「華麗なる加齢なファッションショー」の撮影を担当したのですが、普段の撮影とは違い大勢の方がいる場での撮影だったため、いつも以上に周囲の状況やカメラの設置方法などに気を配る必要がありました。引きと寄りの画のメリハリがつけられなかったり、一発本番だったため出演者の方の動きにカメラがついていけなかったことなど反省する点も多々ありました。他のブースでの撮影では出店者側の方を中心に撮ることを心がけました。中には恥ずかしがる方もおられましたが、多くの方が笑顔で手を振って下さったり商品のPRをして下さるなど、皆さんのご協力のおかげにより無事に撮影を終えることができました。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部 子どもケア学科 幼児保育専攻 平野 麻鈴
[ 日程 ]
11月29日
[ 内容 ]
第27回 全国スイーツマラソンin愛知
[ SLを行っての感想 ]

 今回のボランティアでは、マラソンに参加する方にゼッケンを配り、応援の声掛けをしました。どのような声かけをしたら喜んでもらえるのか考え、「ありがとう」と笑顔で返されると、とても嬉しかったです。ゼッケン受け渡し場の係をやっていると、他の場所の仕事のことや、大会運営のついて聞かれることが多かったので、自分の仕事はたった一部でも、全体のことをもっと詳しく把握しておかなければいけないと思いました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 三浦 菜摘
[ 日程 ]
12月6日
[ 内容 ]
ごちラン special in モリコロパーク
[ SLを行っての感想 ]

 受付の仕事は特にやり方の説明を受けなくても簡単にできるものだったので、とてもやりやすかったです。ただ受付の時間が3つに分かれてじっと待っている時間が多く、寒い日だったのでしっかりと防寒をしてのぞむといいと思いました。

 また、外周管理で、ある地点に居たとき、一般の方に道を聞かれ、私も道を知らなかったので答えることができませんでした。ボランティアであったけれど、地図などでだいたいの場所を教えることができれば良かったと思いました。

 今回ボランティアに参加したことで、マラソンの参加者や他の所からボランティアで来ていたおばあさんとコミュニケーションをとることができて楽しく参加できました。

これを機会に続けてボランティアに参加していきたいと思いました。