文化交流

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科
[ 日程 ]
2018.6.9
[ 内容 ]
ユニス・ケネディ・シュライバー・デーユニファイドスポーツ
[ SLを行っての感想 ]

 私は、これまで障害者の方とあまり関わったことがなかったので、今回のSLで障害者との仲の深め方を学ぶことができました。

 初対面の人とその場でチームを組んだため、初めは壁を感じていましたが、チーム戦のスポーツをし、ハイタッチなどしていく中で仲が深まっているなということが実感でき、嬉しくなりました。また、障害の持ち方は人それぞれだということも学びました。私がいたチームの中には、自発的に行動できる男の子や自分の殻に閉じこもりがちでおとなしい男性がいました。その人その人に合わせた振る舞いをすることが難しかったです。困ったことは、彼らが話す言葉を理解することと、ルールから外れたりしてはいけないことをしていたりするときに注意してよいのかということです。

 次回、障害者と関わるときは、今回戸惑ったことに気を付けて接したいと思います。

初めのころは、あまり心を開いてくれない人もいるので、積極的に話しかけるようにした方が良いと思います。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科
[ 日程 ]
2018.6.9
[ 内容 ]
ユニス・ケネディ・シュライバー・デーユニファイドスポーツ
[ SLを行っての感想 ]

 大学に入って初のボランティアで且つ障害の方と携わったこともなかったので、最初はだいぶ緊張していました。

代表の方が知的障害を持つ方たちは環境の変化にも敏感だし私たちと時間の流れの感じ方も違うとおっしゃっていて、気を付けないとなと思ったのですが、実際にレクを行っていく中ではそんなことはあまり感じませんでした。自分が考えていた以上に会話も通じましたし、いろんな方とハイタッチとかして交流を深めることができました。今回のボランティアを通じて障害者の方への偏見があったことに改めて気づきました。話しかければ答えてくれるし、常に元気があるので見ているこちらも自然と笑顔になりました。最後に"ありがとう"といわれて握手できたのも良い思い出である。また参加してみたいと思いました。

今回はとても暑かったし、意外と動くので水分とタオルは必ずいると思います。

話しているととてもおもしろいです。

[ 学部・学科 ]
ヒューマンケア学部・子どもケア学科・子どもケア専攻・子ども心理コース 石塚 菜月
[ 日程 ]
2018.3.9、11
[ 内容 ]
マラソンフェスティバルナゴヤ・愛知2018
[ SLを行っての感想 ]

 リーダーとして参加は初めてだったのでとにかく緊張しました。

事前にリーダー研修や説明会がありましたが、分からないところばかりで当日(3/11)は特に一般ボランティアさんに教わったりしてなんとか無事終えることができました。

自分の持ち場の範囲や会場のつくりなど勉強不足で、頼られるべきリーダーが頼ってばかりで申し訳なさと無力感でしたが、エリアリーダーさんが励ましてくれて次への課題だと前向きに考えることができました。

一般とは違ってリーダーという立場からの見え方は新しいものばかりだったので、また挑戦したいなと思いました。

[ 学部・学科 ]
メディア造形学部・デザイン学科 木田 有美
[ 日程 ]
2017.10
[ 内容 ]
赤十字講習会パネル デザイン制作
[ SLを行っての感想 ]

 依頼を受けての制作だったので、実践的であり責任感を感じました。

講習会用パネルということで、講習をする人がどのように使うかや、講習を受ける人が見やすいことを考えて制作しました。また、今回は3人で制作したので、フォントや文字サイズ、使用する色など細かい所まで合わせる必要があり、人と協力してデザインを行う大変さを学びました。しかし、その分完成した時には達成感を感じることができました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 鈴木 悠太郎
[ 日程 ]
2017.8.6~1.14
[ 内容 ]
平成29年度 学生によるまちづくり提案
[ SLを行っての感想 ]

 ホテルのジビエを使ったメニューを考えました。同じグループの人とメニューのアイデアを出し合ったのですがホテルのメニューが洋食であることや、お客さんの年齢層、何を求めて来ているのかということを事前に知らなかったので最初に考えたメニューはホテルに会わないと料理長から厳しい言葉をいただき、メニューを考える時にどんな素材を使い、どんな人が食べるのかなど考えなえればいけないということが分かりました。

 今回の体験を通して、プロの仕事の難しさを感じました。僕は将来管理栄養士として栄養のプロとして働きたいと考えているので、この経験を活かしていきたいと思いました。