社会福祉

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 井田 萌々菜
[ 日程 ]
2019年10月27日
[ 内容 ]
2019年第11回スペシャルオリンピックス日本・愛知 夏季地区大会
[ SLを行っての感想 ]

 良かったことは、ボランティアを行う前に丁寧な指導とボランティア内容が書いてある紙を配布されスムーズに自分の仕事にとりくめた。

 今回はボウリング大会で担当者の方からも、"ストライクや良かったプレーに関しては一緒に喜んでみてください"とのことだったので、ただのアスリートのプレーを見ているだけではなくボランティアも一緒になって喜びを分かち合えて嬉しかった。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 下村 真由
[ 日程 ]
2019年10月27日
[ 内容 ]
2019年10月27日 2019年第11回スペシャルオリンピックス日本・愛知 夏季地区大会
[ SLを行っての感想 ]

 最初は、ボウリングのルールや知的障がい者の方とどのように会話をすると良いのか分からず不安でした。私が担当した7人は、それぞれ性格が違い、最初はどのように接すると良いのか分からず難しいと感じたが、だんだん接していくうちにそれぞれの性格が分かってきてハイタッチをするなど私も楽しくボランティアをすることができました。ボウリング競技では投球順があり、その投球順を指示する役割を私はしていたが、7人それぞれがボールを投げるまでのスピードが違い、投球を止めるときに言葉だけでは伝わらず、強く言い過ぎると良くないと言われていたので、どのように声かけをすると良いか分からず困っていました。そのときに一緒にボランティアをしていた方が言葉と手を使って止めていたので、そのようにすると良いことを学びました。

 このような難しく多くのことを学んだ経験は、実際にボランティアをしてみないとわからないことだったので、ボランティアをして良かったと思いました。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 大政 夏生
[ 日程 ]
2019年10月27日
[ 内容 ]
2019年第11回スペシャルオリンピックス日本・愛知 夏季地区大会
[ SLを行っての感想 ]

 このボランティアを行ってみて思ったことは、人に説明することがとても難しいということです。言い方に気を付けたりと、知らない人と話すときにはいろんなことに気を付けなければならないと思った。また、自らコミュニケーションをとることは重要であることに改めて気が付いた。最初の方は、私からハイタッチなど触れ合うことが少なかったが、慣れてきて、私の方から手を出すと選手の方がハイタッチをしてくれて、楽しくボランティアができた。そこから、少しずつ選手の方とお話しをしたりと多くのコミュニケーションがとれました。

 障がいのある方はあまり自分のことを自分でできないと思っていたが、みなさんしっかりとできていて、助けるだけでなく見守ることも大切であると感じた。知らないことが多くて、とても良い経験になった。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部 管理栄養学科 小泉 奈穂
[ 日程 ]
2019年10月27日
[ 内容 ]
2019年第11回スペシャルオリンピックス日本・愛知 夏季地区大会
[ SLを行っての感想 ]

 人生で初めてのボランティアで緊張していたが、楽しんで参加できたと思った。障害者の人とも会話やハイタッチなどで積極的にコミュニケーションがとれて良かった。今回のボランティアで改めて挨拶など基本的なことが大事であると気付いた。

 ボウリングのルールを知らなかったため、理解するのに時間がかかった。前もって確認しておくと、スムーズに動けたかもしれない。

[ 学部・学科 ]
管理栄養学部・管理栄養学科 廣田 有那
[ 日程 ]
2019年8月3日
[ 内容 ]
急募キッズチャレンジのお手伝い
[ SLを行っての感想 ]

 子どものスポーツ体験イベントのボランティアをしました。子ども達が安全に楽しくスポーツを体験する1日でしたが裏で大人の方がたくさん動いてイベントを成功させようとしている所がすごいと思いました。ボランティアには、気合いを入れて参加しましたが知らない方々と協力して一日行動するのでその日はとても疲れました。人付き合いも学びました。

 交通便があまりよくなかったので初めは参加するのをためらっていましたが、子どもたちと直接関わることができたり、初めてのボランティアができてとても良い経験になりました。

一日会場にいましたが、やることある時とない時の差が激しいイメージでいた。