学べる被災地での地域コミュニティつくり2&復興・創生インターン 報告会

学べる被災地での地域コミュニティつくり2の報告会がすべて終了しました。

参加してくださった学生さんは37名でした。

5号館1階に展示していたパネルも多くの学生さんに診て頂きました。

今後以下の日程で学べる被災地での地域コミュニティつくり3を募集・実施予定です。

12月3日(月)~10日(月) 学べる被災地3 募集 10名

2月22日(金)~2月25日(月) ボランティア実践 南三陸町志津川 清水団地

報告会での質問

Q:費用はいくらかかりますか。

A:

学べる

宿泊はホームステイさせていただきます。1泊につき2000円を集めます。

交通費の半額の補助が得られます。(領収書を保管提出した場合)

復興・創生

交通費1往復全額支給・宿泊先は確保していただけます。

Q:ボランティア活動準備期間

A:

学べる

12月中旬から顔合わせ会・企画会議・実践のための準備・報告・報告会と次年度の秋くらいまで続きます。

復興・創生

やりたいと思ったら今すぐSLセンターへ。

その後、申込み、エントリーシートの記入・面接・マッチング。2月から3月に約1ヶ月のインターン、報告、報告会と次年度の秋までくらいまで続きます。

詳細

問い合わせ先 名古屋学芸大学・名古屋学芸大学短期大学部サービスラーニングセンター
住所 : 愛知県日進市岩崎町竹ノ山57番地 名古屋学芸大学 レ・アール 2F
Tel・Fax : 0561-75-2188
E-mail : slc_ml★nuas.ac.jp
※ 迷惑メール防止のため「★」を「@」(半角)に読み換えて下さい。